【生活文化科】生活文化専攻

〒011-0937 秋田県秋田市寺内高野10-33

TEL 018-845-4111 FAX 018-845-4222

【生活文化科】生活文化専攻

特色在学生紹介卒業生紹介

現代社会の即戦力を育成

語学、情報、教養、食文化など、さまざまな分野の科目が用意され、社会で即戦力となれる人材を育成します。 複数の分野の科目を、各自の目的や進路に合わせて、自由に組み合わせることができます。 就職に役立つ資格・検定と並んで、国内の4年制大学編入や海外留学のための指導も充実しています。

写真


生活文化専攻に新しいコースができます。

生活文化専攻の特色

語学文学分野

少人数編成のクラスで外国語の運用能力を徹底的に訓練します。 語学力として英語,ドイツ語,中国語,韓国語を学び、海外研修旅行も企画されています。
【主な科目】Oral Communication, News English, ドイツ語

情報文化分野

とくにプレゼンテーション技術の習得に力を入れます。 情報発信技術を身につけるため、表計算、ワードプロセッサ、プログラミングなどを学びます。
【主な科目】社会情報学, プログラミング, 表計算活用学

教養文化分野

グローバルな知識と教養を身につけます。 幅広い教養を身につけるため、比較文化、哲学、心理学、文学、福祉、環境などを学びます。
【主な科目】哲学, 心理学, 比較文化

食文化分野

食についての知識を科学的に習得することができます。 講義だけでなく、豊富に準備された演習を通して実践的に学ぶことができます。
【主な科目】調理学, 食品学, 調理演習

ビジネス分野

ビジネス社会の即戦力となる資格取得をめざします。 ビジネス社会で即要求される知識、学力、技術について、主要なことを学びます。
【主な科目】時事経済, 秘書実務, ビジネス実務演習

デザイン分野

色彩やデザイン、グラフィックについて学びます。コンピュータ・ソフトを利用してデザインの方法を学びます。
【主な科目】基礎デザイン論, 色彩デザイン演習,コンピュータグラフィック

資格取得・検定試験合格指導

    • 秘書士
    • 情報処理士
    • ビジネス実務士
    • 秘書検定
    • ビジネス実務マナー検定
    • ビジネス文書検定
    • サービス接遇検定
    • ビジネス電話検定
    • 日本語ワープロ検定
    • 情報処理技能検定
    • TOEIC
    • TOEFL

など

卒業研究

2年次になると、「卒業研究」として、学生自らが選んだテーマで、担当教員の指導のもと、作品制作や情報システム・論文作成に取り組みます。少人数編成のクラスで、ゼミ形式で授業が行われ、学生として学んだ達成感や充実感を味わうことができます。


在学生紹介

K.Kさん(秋田中央高等学校出身)

確かな目標を持って学習することができます

K.Kさんの写真

生活文化専攻では、興味のある分野から自由に授業を選んで時間割を作成できるため、幅広い教養が身につきます。特に、情報文化分野での検定で得た資格は自分への自信に繋がりました。また、先生方は就職希望者と進学希望者、どちらに対しても細やかな指導をしてくださいます。短大は2年間と短いですが、自分の将来について早い段階でしっかり考えられることが魅力です。学生のうちにさまざまなことに取り組み、充実した学生生活を送ってください。

1年前期時間割

1・2 3・4 5・6 7・8
情報システム論 Reading A 秘書学概論
韓国語Ⅰ ドイツ語Ⅰ Oral Communication Ⅰ
心理学A 比較文化A 日本文化史A
Oral Communication Ⅰ ドイツ語Ⅰ 女性論Ⅰ、キャリアデザインⅠ、体験学習Ⅰ
表計算活用学A

2年前期時間割

1・2 3・4 5・6 7・8
キリスト教学Ⅱ 文学論Ⅰ* 卒業研究
リーダーシップのコーチングA ドイツ語圏文化B
Essay and Writing 女性論Ⅱ、キャリアデザインⅡ
ドイツ語Ⅲ

*単位互換協定に基づき秋田大学の開講科目を受講


トップへ

卒業生紹介

S.K さん(平成31年3月卒業・第一学院高等学校出身)

秋田県立近代美術館(秋田県職員)

S.Kさんの写真

私は現在、県職員として秋田県立近代美術館で総務事務をしています。4月に就職して仕事が始まり、社会人にとってパソコンは使えることが前提だと実感しました。学生時代に力を入れていた情報処理分野、ビジネス分野で身につけたスキルは、日々の業務の大きな助けとなっています。
勉強の他にも、学友会やピア祭、サークル活動など、たくさんの経験をして密度の濃い2年間を過ごしました。とくに2年次に参加したドイツ語圏研修旅行で、ドイツ・オーストリアのさまざまな芸術に触れた経験は、今の仕事のやりがいに繋がりました。
知識は力なり、経験は宝なりです。2年間、ぜひ積極的に楽しんでください。

トップへ


TOP